【他人】第9回 相手は何者?

おはようございます。



今日は、ステップ5です。

あなたの『もと』は見つかりましたか?


今の段階ではっきりしていなくても大丈夫です。

もしかしたら、これかな?という感じでもいいです。



私の場合は、



*『Aさん』


何かにつけて私を否定するところ。

否定されるたびに、私はだめな人間だと言われているような気がする。

基本的に私が嫌いなんじゃないかと思う。


【嫌いなところ】


全て自分が正しいと思っているところ。

自分が1番偉いと思っているところ。


(えまさんって間違っているよね。それなのに偉そうだよね。)


と言われると、とても気になります。

この言葉には敏感です。


【きっかけ】


先日話し合いをしたときに、私の話を全てダメだし。

そして私のだめなところを、


「みんなが言っている。」

「職場の人たちが言っている。」


と、まるで大勢の人が私のことを悪く言っているような口調で責めてきた。


そして私が事実を話すと、自分の都合のいいように解釈して受け取り、

また私にダメだしをしてくる。

全く話にならない。


【どう思われたいか】


「私がやっていることは正しい。」 

「私は凄いんだ、実力がある。」と思われたい。


つまり私はAさんにダメな人間と見下されていることが、とても嫌。

振り回すAさんに、私は、正しい、実力があるということを認めてもらいたい。


【振り回されるもと】


自分を低く見られたとき。

相手が偉そうなとき。


ここまで、よろしいですか?



次に苦手な相手について、取り扱い説明書を作っていきます。

取り扱い方がわかると、振り回されなくなるからです。


つまり今まで相手に振り回されていた立ち居地を、『自分主動』に変えて行きます。


取り扱い説明書の作り方ですが、まず相手は何者ですか?

動物やものに例えると何ですか?


私の場合は、


Aさんは犬です。


自分より強い犬が来ると、ワンワンきゃんきゃんと大騒ぎをして相手を威嚇します。

けれども自分に都合のいい人が来ると、しっぽを振ってついていきます。


苦手な相手を別のものに例えて見るだけで、結構笑えちゃうものです。


こんな感じで苦手な人の取り扱い説明書を作って下さい。


次回はいよいよ最後のステップ6です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい