【伝え方1】なぜ相手に伝わらないのか~ポイント1~

おはようございます。


相手に伝わる伝え方1回目のメルマガです。


コミュニケーションスキルは沢山あるように思いますが、大きく分けて2つです。


・聞く

・話す(伝える)


この2つを使って私たちは人と関わっています。


たった2つだけなのに、聞き方、話し方によって、相手と良い関係を築けたり、逆に相手を怒らせてしまったりしています。


何が違うのでしょうか?



私は長年、人間関係に悩み、生きづらさを抱えて生きていました。


とにかく人と関わるのが苦手で、どうやってコミュニケーションをしていいかわからなかったのです。


相手にとても気を遣って話したにも関わらず、誤解されてしまったり、伝えたことを逆に受け取られてしまったこともありました。


一体私の何がいけないのか、全くわかりませんでした。


自分のコミュニケーションを変えたくても、何をどう変えたらいいのかわからず、途方に暮れていました。



私たちは自分がやっていることに、なかなか気付けません。


自分の話の聞き方はどうなのか。

話し方はどうなのか。


今まで誰かに指摘されたことはありますか?


私は何度もあります。

指摘というよりも『フィードバック』と言います。


フィードバックとは、相手が理想の人生に近づくために、自分で気づいていないことを伝えることです。


一言で言うと相手への応援メッセージです。


例えば先日参加していた講演会で、講師の話の冒頭に「あの~」が入るのです。


「あの~今日は・・・」

「あの~それは私が・・・」

「あの~一番やって欲しいことは・・・」


聞いている私は、「あの~」を何回言うのか、数えていました。(笑)


なんと1時間のお話の中で100回以上言っていたのです。


本人は気付いていません。

気付いていたら言っていませんから。


残念なのは、今まで何度も講演されてきているのに、誰も講師にフィードバックをする人がいないことです。


これでは『コミュニケーションの裸の王様』です。


何度も講演をしている講師でさえも、相手に伝わらないという現実。


かたや、しどろもどろの話し方でも、相手の心に届く場合もあります。


何が違うのでしょうか?


それは、自分が話すことに意識を置いているのか、相手に伝えようと思う気持ちで話しているのかの違いです。


上手く伝えられない人にありがちなのが、『上手く話さなくては。』ということ。


自分が話すことに意識が向いているため、伝えたい相手は二の次になっている場合があります。


そこで本日のポイントは、

「相手に伝えよう。」という気持ちで話しましょう。



相手に伝えたい!と思ったとき、自然と話し方は変わります。


ここで気をつけて欲しいのは、


「相手に理解させたい。」とか

「相手にわからせたい。」というのとは違うということです。


こういう思いがあると、話す口調や表情がきつくなったりします。


話すことが苦手な人は、自分が話すことで一杯一杯で、相手のことまで考えられないと思います。


それが返って伝わりづらくしています。


上手く話そうということよりも、相手に伝えようと思って話して下さい。


そして『上手く話さないと伝わらない』という考え方を今日からやめましょう。



ポイント1

「相手に伝えよう。」という気持ちで話しましょう。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい