【伝え方3】目は口程に物を言う~ポイント3~

おはようございます。


相手に伝わる伝え方3回目のメルマガです。


あなたは、相手と話をする時に相手のどこを見ていますか?


1度、話している時の自分の目線に意識してみて下さい。



相手に話が伝わらない人の特徴の1つに『目線』があります。



以前、コミュニケーションに苦手意識を持っている先生からご相談がありました。


自分の話が生徒たちに伝わらない。

生徒が全然話を聞いてくれない。


と言うことでした。


私は先生のコミュニケーションを観察しました。


すぐに原因がわかりました。


それは『目線』です。


話している時に下を見て話していて、生徒の目を見て話していないのです。


あなたは目線が合わない人と会話をしたことがありますか?



私はあるのですが、会話をしていて不安になるのです。


目線が合わないので、


「ちゃんと伝わっている?」

「私に不満があるの?」

「私が変なこと言っているのかしら?」

「機嫌が悪いの?」


と思ってしまいます。


そうすると相手との関係性もよろしくありません。


以前、私のクライアントさんたちに実験をしました。


私が意図的に上目線、下目線で話した時、どんな印象を持つか。


全員が、

「話が入って来ない。」

「嫌な気持ちがする。」

「ざわざわする。」

と言いました。


目線だけで、こんなに相手に嫌な気持ちにさせるのです。



目線が合わない人は、自覚がありません。


本人は相手の目を見て話していると思い込んでいます。



そこで本日のポイントは、できるだけ目を見て話しましょう。


やって頂きたいことがあります。


鏡で自分の目を1分見続けて下さい。


手鏡ではなく、できればまっすぐに立って自分の目を見れる鏡がお勧めです。


これが相手の目を見て話すということです。


けれど、じ~~っと相手の目を見続けて話すのも変ですし、疲れます。


優しいまなざしで相手の目を見て話して下さい。


目を合わすのが疲れてきたら、目線を少し下に逃がして下さい。


時々上に目線を外す人がいますが、ものすごく不自然です。


ポイント3

できるだけ目を見て話しましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい