3.最悪を妄想する


それでは、いよいよ妄想トレーニングをしてみましょう。

普段のあなたなら絶対にコミュニケーションをとらない、会話をしない場面であっても、あえて相手とコミュニケーションをする、会話をする前提で考えていきます。

最悪のシチュエーションをイメージして、妄想トレーニングを行ってください。なぜなら最悪の場面を想定して考えておけば、それよりひどくなることはまずありませんし、妄想したほどひどくならなかった場合、気持ちがらくになるからです。

ここでは、先ほど考えた例を取り上げて、トレーニングしてみますね。


(例1)となりの席の20代女性Aさん

妄想トレーニングスタート。

(彼女が最も話を聞いてくれそうな時間はいつかな?仕事中は無理だし、お昼休みは私も休みたいし。休日前の終業時間を狙ってみよう。まず、どうやって切り出そう…)

私:「お疲れ様でした。今日も仕事が大変だったけれど、頑張っていましたよね」

(頑張っていましたよねって、上から目線と思われるかしら?でも承認しておかないとね)

A:「あ、ありがとうございます。いつものことですが、別にあなたに言われたくないし」

(きっと嫌味が返ってくるよね。どんな返事がきても、反応しない)

私:「ところで仕事中、独り言を言っていることに気づいていますか?」

(単刀直入すぎるかしら。ダメもとで伝えてみよう)

A:「え?なんのことですか?言っている意味がわかりません。もう帰りたいんですけど」

(たぶん、理解できないよね。自分は悪くないと思っているから)

私:「自分ばかりが大変だとか、周りの人は仕事をしてないって、つぶやいているのを耳にしたので、大丈夫かなと思って声をかけました」

(こう伝えたら、ご機嫌を損ねないかしら)

A:「だって事実でしょ。私だけが人よりも仕事が多くて大変で、あなたたちは全然仕事をしていないから。だから私だけが大変なんですよ」

(最悪な場合、切れてたくさん愚痴を吐くかもしれないな……)

私:「確かにそうかもしれないですね。それならAさんは本当はどうしたいのですか?」

(この質問をしたら、自分で何か気づいてくれるかしら?)

A:「こんな仕事、本当はやめたいですよ。もっとらくな部署に行きたいのに、上司が意地悪で異動させてくれないし。パワハラですよ。あなたのことも嫌いですし」

(自分のことは棚に上げて、言いたい放題になるかもね。)

私:「そうですか。力になれなくてごめんなさい」

A:「あなたのせいで、帰る時間が遅くなってしまいました。もう失礼しますね」

―妄想トレーニング終了。

 となりの席の人との最悪な会話を想定して、その場面を妄想トレーニングしておくと、いざ本当に何かを伝えなければいけない時に、相手がどんなボールを投げてきても、そのボールに当たって痛い思いをすることなく、キャッチできる心の準備ができているはずです。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい