5.話題が豊富でなければならないという誤解を解く


会話が苦手な人が抱えている課題として、話題が豊富でなければならないという思い込みがあります。話題が豊富でなければならないと思ってしまうのは、


自分が話していると相手がつまらなそうな表情をしている

会話が続かない

話している最中に相手がいなくなり、一人でポツンとしてしまう


というような体験をしているからではないでしょうか。


会話というのは、お互いに自分の話したいことを話し、自分が教えて欲しい情報について聞き、答えてもらうことで成り立っています。例えば、「最近できたあそこのレストランはどう?」とか「どこかにお得で安いスーパーはないですか?」など、自分がメリットになるような情報を、相手から聞き、答えが返ってくる、それをお互いに繰り返すことで、会話は成り立っている場合がほとんどです。

今までの自分の会話を思い出してみてください。あるいは今日、あなたが誰かと会話したことでも構いません。あなたが話したことはどんな内容でしたか?


1.自分が話したいことを話した

2.相手が話したいだろうと思うことを引き出した

3.相手のメリットになる話をした


以上、どれに当てはまるでしょうか?


実際に私たちが日常生活で話している会話を分析してみると、右にあげた3つの内容の中で、主に1と2が多いように思います。私たちの会話が、いかに自分が話したいことや、自分が知りたい情報について話しているかに気づかされます。

豊富な話題で話すということは、日常会話においては、ほぼ無いと思っても良いのではないでしょうか。

例えば私の知り合いに、いろんな話題で周りの人たちを笑わせる人がいらっしゃいます。その人の話を聞いていると、自分の失敗談とか、誰かの面白かった話をしていて、何か特別に話題を用意しているわけではありません。その日、自分に起こった出来事や、最近自分がしたことなど、日常の話題を話しています。そしてどちらかというと、自分が上手くいったことよりも、自分がミスしたことや、ドジをしてしまったこと、こんな馬鹿なことをしてしまった、というような話題が多い気がします。


まずあなたにやって欲しいことは、右記のように、あなたがこの人は話題が豊富だなと思う人が話す内容を、書き出してみることです。

ここで気をつけて欲しいのが、テレビで話しているようなコメンテーターとか、芸能人の話を書き出しても、あなたにとってはあまり参考にもならないということです。

なぜなら彼らは、豊富な話題や知識を提供し、視聴者を楽しませることが本業だからです。

私たちが、話題が豊富になりたいのは、相手と親しくなりたいとか、信頼関係を築くためのコミュニケーションの手段にしたいと思うからですよね。

私自身、そんなに話題は豊富ではないと自覚しています。だからといって、会話を続けることに困ることはありません。話題が豊富でなくても、相手の話をよく聞こうと思っているほうが、案外会話が続きますし、楽しく会話することができるのです。(この方法は2章で詳しくお伝えします)



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい