【伝え方2】準備が必要~ポイント2~

おはようございます。


相手に伝わる伝え方2回目のメルマガです。


あなたは、いきなりボールが自分に飛んで来たら、キャッチできますか?


上手くキャッチできる場合もありますが、ほとんどの場合は『驚く』と思います。


実はコミュニケーションでもこのようなことがあります。


あなたは、いきなり話しかけられたことはありませんか?


あるいは相手に、いきなり話しかけたことはありませんか?


この『いきなり』というのが、冒頭のキャッチボールの例なのです。



あなたの頭の中が、どうなっているのか考えてみましょう。


今はこのメルマガを真剣に読んで下さっていますよね?(笑)


あなたの今の頭の中は、コミュニケーションのことを考えていると思います。


その時に、そばに居た友人が、この間行った新しいカフェの話をしたとします。


すぐに反応できないのではないかと思います。


なぜならあなたは、このメルマガを読んでいるので、頭の中はコミュニケーションのことを考えているからです。


誰かに何かを伝えたい時、相手の頭の中は、あなたの話を聞く準備ができていないのです。


準備ができていないのに話しかけるので、当然伝わりません。


「え?何の話?よくわからないんだけど。」


友人ならそう言ってくれるかもしれません。


これが上司だったら?

お客様だったら?


相手に伝わらず、その場で落ち込んでしまうかもしれません。


これを『コミュニケーションのドッジボール』と言います。


相手にいきなり言葉をぶつけることです。


コミュニケーションには言葉を受け取るための準備が必要なのですね。



そこで、本日のポイントは、相手が話を聞ける状態かどうか確認しましょう!


「今、お話してもいいですか?」

「今、10分だけお時間頂いてもいいですか?」

「先日行ったカフェの話なんだけど・・・。」

「今度の旅行のことなんだけど・・・。」


本題を話す前に、前置きを入れて、相手が聞く準備ができるようにしましょう。


それだけで伝わり方が全然違いますよ。


ポイント2

相手が話を聞ける状態かどうか確認しましょう!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい