【伝え方5】相手に合わせて伝える


おはようございます。


相手に伝わる伝え方5回目のメルマガです。


人によって、話し方がゆっくりな人、早い人。

声が大きい人、小さい人がいますよね。


コミュニケーションには4つの型が存在します。


それぞれの型によって話し方、受け取り方が違います。


相手の型を知って、伝え方を変えると、より伝わりやすくなります。


以下、4つの型別に伝え方をまとめました。



◆リーダー型:見た目が強そうな感じの人

結論から端的に話す


◆スター型:見た目が明るく元気な人

身振り手振りを入れて楽しく話す。細かい指示はNO。


◆マザー型:見た目が優しそうな穏やかな人。

ゆっくり順を追って補足しながら話す。


◆ドクター型:見た目が無表情でクールな人

あまり感情を入れずに要件を細かく伝える。


この4つの型を見て頂くと、型によって伝え方が違うことがわかりますね。


そこで本日のポイントは、相手の型に合わせた伝え方をトライしましょう。



あなたに苦手な人がいるとしたら、その人は[[name1]]さんと型が逆かもしれません。


型が逆の場合、お互いのペースが合わなかったり、コミュニケーションの取り方が違うので、お互いに苦しい状態になります。


例えば

リーダー対マザー

スター対ドクター

が逆の型になります。


もしあなたがマザー型だとしたら、リーダー型には結論から話して下さい。


マザー型は結論から話すのが苦手だと思いますが、自分のスタイルで伝えてしまうと、相手に伝わりづらくなってしまいます。


スター型は自分が話したいことから自由に話す傾向があり、

ドクター型は論理的に筋道を立てて話す型です。


このように型によって、話し方も受け取り方も違うのです。


すぐに相手の型に合わせた関わり方ができなくても、コミュニケーションには4つの型があるということを知っているだけで大丈夫です。


知っているのと、知らないのとでは大きな違いです。


まず自分は何型かを知って下さい。


基本的には4つの型を持っていますが、その中でもメインキャラクター、サブキャラクターがあります。


例えば

リーダー型40%

マザー型30%

スター型20%

ドクター型10%

と言う感じです。(あくまでも自分の感覚です)


メインキャラクターがリーダーで、サブキャラクターがマザーという、逆の型がトップ1、2になる場合もあります。


また4つの型がどれも同じくらいの%というのもあるかもしれません。


もし相手との関わりに困った時、相手は何型で、どう関わるといいのか、

少し意識するだけで、今までと関わり方が変わるように思います。



型には良い悪いはありません。


それぞれの型の特徴を知って、人と関わる時にいかして下さい。


ポイント5

相手の型に合わせた伝え方をトライしましょう。


コミュニケーションの型について、さらに詳しく学びたい場合は有料動画セミナーがあります。

(音声基礎コースをお申込の方には無料でプレゼント致します。)




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい