3.コミュニケーションはキャッチボール


コミュニケーションはキャッチボールという言葉を聞いたことはありませんか?

コミュニケーションを野球のキャッチボールに例えた表現です。キャッチボールの様子を説明しますので、自分が日頃しているコミュニケーションと関連付けて考えてみてください。


キャッチボールを始める時のステップ例

1.「キャッチボールをしませんか?」と声をかける(同意をとる)

2.相手にキャッチボールをしたことがあるかどうか聞く

3.あらかじめキャッチボールをどのくらいやるか、どこで終わるかを決めておく

4.ボールやグローブなどキャッチボールに必要な道具を準備する

5.キャッチボールに適した場所を探す

6.お互いに向き合い、二人の距離を確認する

7.「投げるよ~」と合図をする

8.自分がボールを投げて、相手が受け取る


これでキャッチボールが成立します。

相手がボールを投げ返して、自分が受け取る。これで一往復です。

キャッチボールはこの繰り返しです。


最初は近い距離から始めて、慣れてきたら距離を伸ばしていきます。

1対1のキャッチボールでは、一度にあちこちから複数のボールが飛んでくることはありません。


コミュニケーションの基本も1対1です。

自分が話す、相手が聞く。

相手が話す、自分が聞く。

これを繰り返すことでコミュニケーションは成り立ちます。

コミュニケーションは、「話す」「聞く」の双方向であり、どちらかが一方的に話したいことを話し続けるのは、キャッチボールというよりもドッジボールに近いですね。


キャッチボールをしている時に心がけること


相手が取りやすいようにボールを投げる。

笑顔で楽しむ。

「ナイスボール!」と声をかける。

相手の様子を見ながらキャッチボールをする。

相手が下手でも、イライラしないように自分をコントロールする。


キャッチボールを終わる時に気をつけること

「そろそろ終わりませんか?」と声をかける。

「ラスト1往復」と終わりの合図をする。

「楽しかったですね。ありがとうございます」と声をかける。

「また機会があったらやりましょう」と言って気持ちよく終える。


キャッチボールはあくまでも例えですが、コミュニケーションと照らし合わせて考えると、視点が増えますね。

では、さらに具体的に解説していきます。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、ワンランク上を目指すオンラインセミナーをしたときのこと。 参加されているみなさんにライフバランスアセスメント (人生のバランスを振り返るチェックリスト)を やって頂きました。 その中で、参加されているほとんどの人が お金についての項目にチェックが入っていました。 『自分がやりたいことに自由に使えるお金がある』 ここを強化したい。 あなたは、自分がやりたいことに自由に使えるお金がありますか?

私は 「何からやったらいいかわからない。」 と言う人たちが居ます。 何かをしたいと思っているけれど、何をしたらいいのかわからない。 自分と向き合うってどうやって向き合ったらいいかわからない。 ブログを書きたいけれど何をどうやって書いたらいいかわからない。 などなど・・・いろいろありますね。 何からやったらいいかわからない人の癖は、自分で考える習慣が ないだけです。 脳みそは普段使っていない場所をい

私は一生に一度の人生をより良く生きるために ワンランクアップ上を目指すオンラインセミナーをしています。 先日のセミナーで、今の収入ではこれから先の 生活に不安を感じているので、収入を増やしていきたいという テーマになりました。 「どのくらい増やしたいのですか?」 とお聞きすると 「10倍増やしたいです。」 とのこと。 あなたに考えて欲しいのですが、今の収入を10倍に増やすために まず何をしたらいい